両親はすぐに手を貸してしまうでしょう。

母さんのけちん坊!

会社が潰れたらもう人生おしまいだしね
親2つぶ親3親が近所の人の悪口を言うのを聞くと、子どもの心の中には人間っていうのは信用しちゃいけないんだ
と刻み込まれます。
また、母親が父親のことをグチれば、「こんなに仲良さそうにしている二人なのに、結局みんな心の中では人を憎んでいる。信用しちゃいけないんだ、表面をつくろっているだけだ、結婚なんかしないほうがいいんだ」とまで思わせ、老後や将来の不安ばかり口にすれば「人間って生きていてもろくなことがないんだ、早く死んじゃうのが得なんだ」と本気で信じ、先が怖くなるのです。
大人になる不幸になること·人生おしまいなんて思わせないでください。

子どもの存在を無視する子どもの心へ雄弁に話しかけるのですそして親のネガティブな部分を子どもの前で垂れ流すのは絶子どもが将来に夢を持つ気になれないような、対にやめましょう。
0こんなふうに言ってみましょう!
ボク、ずっと子どものままがいいな、大人になんてなりたくないよ
面白いよぉ。

そうか、子どもっていいよね。
大人になると、親でも大人になるともっといいんだからあ、どんないいことがあると思う?
あー、最高にシアワセ!と奥様同士でホテルのランチバイキングを楽しんできたのに、やってらんないわ、今月も家計が大変とグチが出る……。
帰ると
中そんな親ほど、いまどきの子どもは夢がないと言うのです。
大人のよさは親が身をもつて示すしかありません。

 

母さんも困っている様子。

ただ親自身が幸せにしていればいいだけなのです。
ここがポイント!
親自身がハッピーに生きている姿を、いっぱい見せてあげましょう幸せ気分を自分だけのモノにしないで、もしランチで美味しいものを食べたら、のまま子どもにも伝えてあげてください。そして、その分、今晩はあなたたちのために美味しいもの作るからね!
今度はみんなで行こうね!
その幸せな気分をそそれでOKなのです。
親の役割のひとつは、人生って素晴らしい
ということを、最も身近な存在として子どもに見せてあまぐくげることです。子どもの心に残るでしょう。親のハッピーな気分が子どもを育み、大人になることへの憧れも育てていくのです
ユーモアのセンスを磨くとき子どもは、アニメやテレビの世界や、いくようになります。
友だちとの会話の中で、だんだんと笑いのセンスを身につけてしかし、しょうか親のほうは、その誘いにうまく乗ってあげることができずにいる場合も多いのではないで
なごただふざけているのではなく、場を和ませるユーモアのセンス、明るい会話につながる笑いはコミュニケーションの道具としても、とても有効です笑いに馴染みの深い関西人じゃないし、ボケと突っ込みは苦手などと難しく考えずに挑戦してみましようなじボケたら突っ込む!

    1. 子どもの現実の展開
    1. 先生の目を通して
    1. 母子の愛このスキンシップ不足の問題

母さんは心が安定している

笑いの持つ不思議なリズムと、その場の空気を読む力は、ではありません。日々の積み重ねによって磨かれていくセンスは、子どもが力強く、るための財産そのものです。
突然身につくものそして面白く生きこんなこと言ってませんか?
NGダイアログ親-つまんないことばっかり言ってないで、勉強しなさい!
子どもだって、笑わせようとするときは一生懸命いろいろ考えをめぐらせています。
子どもはまるで見当違いの数字を書いたのです。

母親と同感である。

創造力の発達にもつながっているわけですから、人に迷惑をかけたりしない限りは、ふざけないで!と叱るのでなく明るいことをするといいものが返ってくるという条件づけをさせていくようにしましょう。
0こんなふうに言ってみましょう!
親「ハハ!
うまいこと言うね!
00ちゃんは、そういうこと考える天才だね」
大人がユーモアを忘れているから、子どもの笑いの誘いにうまく乗れないのです。ユーモアのセンスを磨くには、親と子どもが一緒に、明るい気持ちになれる場所、楽しい場所に行くとよいでしょう。
ただし親が、楽しい場所パチンコ·競馬しか思い浮かばないようでは困ります。
コメディ映画、喜劇の舞台やコントなど、ナマの笑いに触れてみるのも一案です。
笑っていればシアワセはやってくる。笑いに満ちた生活は、友だちを増やしたり、明るいエネルギにあふれていることを、子どもに感じさせてあげましょう。
ここがポイント!


子どもの心へ雄弁に話しかけるのですそして 先生を眺めています。 両親はすぐに手を貸してしまうでしょう。