中学生を鍛え磨く道はないと心に決めたのです。

子どもを支配しようと急ぐでしょう。

そうすると、自分のまずさばかりが目立ち、ますます自信がなくなってしまいます。
いちばんいいのは比較の対象を過去の自分に置くことです。
一年前と比べてどうか、新入生の頃と比べてどうかと考えていくと、絶対に成長しているため、自信につながります。
成長を確認しやすい、子どもの誕生日ごとに聞くことをおすすめしたいと思います。
恐れや不安を聞くときささいお友だちとの関係がうまくいっていないなど、大人から見ればほんの些細なことでも、な恐れや不安として心に抱え込んでしまいがちです。
子どもは大き親は、どうしたら解決できるか張り切ってアドバイスをするつもりが、ひっかき回す聞き方をしてしまうのです。
xこんなこと言ってませんか?NGダイアログなぜか子どもの心をかえってん?
親子なんか浮かない顔してるな、どうしたんだ?

勉強は自分のためにするものよ。子どもがそれを喜ぶなら大人も共に喜ぶ。
親子親野球チームの仲間とさあ、練習のやり方でもめてるんだぁ
「なんだそんなことか、別に気にするな!コーチに任せておけばいいんだよ」

だって、試合も近いのに、これじゃチームワークが......。グスン泣きべそ「気にするな!男だろ?泣かない!そんなことで怖がっていてどうするんだ!
そんなんじゃ、試合なんて勝てるわけないだろ」
不安な気持ちは、まずそのまま受け止めてあげましょう。
怖い、心配という子どもに、怖くない!心配ない!とだけ言って、になることがよくありますが、これでは受け止めたことにはなりません勝手に親が解決したつもりまたそんなことで怖がっていてどうする!

 

子どもに対する育たない

では、不安になる自分はダメな人
いる自分をさらに否定して、二重の苦しみに陥らせてしまうのです。
と、怖い気持ちでおちいこんなふうに言ってみましょう!


ん?なんか浮かない顔してるな、どうしたんだ?
野球チームの仲間とさあ、練習のやり方でもめてるんだぁ
「そうか、昔パパも同じようなことがあったぞ、いろんな意見が出て……。
子親算数じゃないんだから、これが絶対正解ってないもんな」
親子親「早く気持ちをひとつにしたいよな。おまえはどうしたらいいと思う?」母親のいやがることをやっている「自分たちだけでなく、コーチや先輩も一緒に話し合ったほうがいいかなって」
「いい案だな。じゃあ明日、みんなの前でがんばって提案してみようよ」
たしかに生きていると、それでいいんだ、怖いことや不安など問題はたくさん出てくるけれど、と思わせることがポイントです。
それは別に当たり前なんだ、その後、で、でもいろいろ考えれば、ちゃんと解決できる道って必ずあるんだ
と導いて学習させること子どもははじめて納得し、気持ちを晴らすことができるのです。
ここがポイント!
恐れや不安を否定するのは悪循環のはじまりと覚えておきましょうまず共感する聞き方で誘導して、不安になるのは当然のことなんだと理解させると、かったときでも、子どもは力強さを発揮できるようになるのです。
何か問題にぶつしかし、何かにぶち当たってあ、不安を感じている自分ってダメだ、ダメだと思い込むと、よけいに自信がなくなって不安がさらに増し、悪循環に陥って、ビクビクビクビクした子どもになってしま特に、父親は息子の感情を男だろ!

    1. 子どもが生涯健全
    1. 経験してみるのもいいものです。
    1. 幼稚園の目的は集団を知るところにある

父親は経済学部を勧めました。

そんな弱音を吐くんじゃない泣くんじゃないそんなに怖がっていてどうする!、母親は男の子なのに大丈夫かしら?こんなに泣いちやってなどと否定しがちです男性が大人になっても辛い
記憶からなのですと言えずに、感情が出せなくなることが多いのは、このような体験の自信をつけさせようと思って、恐れや不安を否定するのは本末転倒です。
恐れや不安はあって当たり前。解決策を考えていけば、必ず道はあると思えるようにしていくことが
大切です。
とにかく行動させるとき親は、心のどこかで「子どもに自信のないことをやらせるには、まず準備を100%整えてからでないと無理、やってもしょうがない」
先生たちみんなで寄ってたかって

母さんやお父さん

と思っています。
できもしないことにチャレンジさせて、失敗したとき立ち直れなかったら……
親の不安はこれに尽きるでしょう。
しかしそれは親が完璧を求めているだけで、自信がついてから行動させようと思っていては、いつまでたっても先には進めません。
子どもに自信をつけさせるいちばんいい方法は、行動させる
できるではなく、行動することで自信がついてくるのです。
ことなのです。

自信がついたら行動こんなこと言ってませんか?
NGダイアログx私ね、お友だちのお誕生日にクッキーを焼いてみようかと思って

K-できるの?


子どもがそれを喜ぶなら大人も共に喜ぶ。 母親まかせになっているケースが多いのが現実です。 学習させる