先生は障害児が入級してきて

経験する挑戦への自己

見を聞いて一緒に作品を選び、感想を話しましょう。
親の嗜好だけではなく、子どもの意こんなこと言ってませんか?

面白かったね親NGダイアログxシラけた感じでそうね。
そろそろ買い物に行こうか

ああ、じゃ、肝心なのは、子ども自身の感想を引き出すことです。
いくらよいといわれている作品でも、与えっぱなしにすることなく、見終わったら、どんどん感想を聞くようにしましょう。
こんなふうに言ってみましょう!

面白かったね親面白かったね。どういうところがよかった?
最後のところ。涙が出ちゃつたよ
そうだね、けっこう泣いてたね

お母さんだって!!

だって、感動したもの。ほら、あのセリフ覚えてる?
0ここがポイント!
一緒に泣いて笑って、親子でコミュニケーションを図りましょう映画は、親子で一緒に見て、共に泣いたり笑ったりでき、れる最良の材料かもしれません。
子供に注意していません。

母さんの気持ちに曇りがなければ


子どもは全然していない

>学校のプールで水泳見終わってからもコミュニケーションがと子どもの感想からは、子どものいまの心理状態が見えてくることもありますテストのように感想を述べよ!ではなく、素直な言葉で語らせてあげましょう。
ハンディキャップのある人に出会ったときもし、街で目の不自由な人や車椅子に乗っている人と出会ったら……。
親子で話し合ったことはあるでしょうか?
盲導犬や介助犬を知っている子どもはたくさんいると思いますが、では、その利用者や体にハンディ理解できている子はどれほどいるでしょうか。
キャップがある人に対して、どう行動するのがいいのか、こんなこと言ってませんか?
NGダイアログx
あの人どうしたの?

いいの、ダメよ大きな声で言っちゃ
どうして?車椅子だから?
かわいそうだからね、親切にしなきゃダメよ

どうしてかわいそうなの?
子親子親子へんけん親が偏見を持っていないと言い切れるでしょうか?


母さんに話してきかせました。

しつけはまず家庭の雰囲気が大切

子どもは約束の大切さを覚えることができません。親もハンディキャップのある人たちに対する認識が低いため、ただ理由も言わず親切にしなさい!
で済まそうとしていませんか?
子どもに思いやりを教えるには、親自身が、まず行動してみせることです。
0こんなふうに言ってみましょう!

あの人どうしたの?
親「うん、どうしたのかお母さんにもよくわからないけど、車椅子を使っているってことは、歩くのが難しいんだね」
そうなんだ、かわいそうだね
親「そうね。
でも、あなたがもしあの人の立場だとして、一生懸命生きているのに、歩けないというだけでかわいそうねと言われたらどう?」
子供もっいてきません。

子供の違いは一目瞭然です。ヤだ
親「そうでしょう?だから、かわいそうなんて勝手に決めちゃダメなのよ」
うん、わかった
じゃあ、どうするのがいいと思う?

えーっと、もし何か困っていそうなときは、手伝うよ!
親が自らの経験を語ることができればいちばんよいのですが、隠さずに子どもと一緒に対応を考えていきましょう。
もし親もわからないなら、そのことをここがポイント!
親のどんな言葉も、すべて子どもの心に染み込むと心得ましょう親が、子どもの前で無意識に差別的な発言をしていることがあります。
ハンディキャップがある人などに対して、「自分とは違これは親の心が問われそんな親の態度を目のあたりにした子どもは、う人なんだ」と、間違った認識をしたまま育ってしまうことになりかねません。


教育方針が違っていて悩んだ話。

る大きな問題でもありますいつも、何気ない親の言葉や行動はそのまま子どもの心に染み込んでしまう、と心得ましょう。

独創力を育てる

聞く技術
自分を解放しなければ、独創性は養われない親は子どもに個性のある人になりなさいと言います。
しかし、個性を伸ばしたい、独創性を持たせたい!と言いながら、一方では、「親や社会が決めた無意識にネガティブなメッセージを発しているのです。
と言いながら、道から少しでもはずれるのは心配」
と、たとえば、子どものアイデアあふれる意見にも、親は
あー、いいわねとも笑っていなかったりします。
先生は障害児が入級してきて

子どもで埋めようとする

子どもが親の期待に反して言わないあ、お母さんは嫌いなんだ、こういうことを言っちゃいけないんだ
顔はちっすぐ子どもはピュアな分、察知する能力に優れ、それらをすぐに読みとってしまいます。
そういうことを積み重ねていくうちに、自分の独創性を出すのではなくとりあえず正解はどれなんだろう?正解に合わせておこう……
どう言えば、どう書けば、大人が喜ぶんだろう……
と、子どもの中で独創性を抑圧するようなメカニズムが働いてしまうのです。
だから、そういうときこそ、聞く技術を使って子どもを解放していきましょう。
正解の形と違うときある書道の先生のお話。
教室でひとりの女の子が書いた文字を見て、先生は勢いがあっていいね
とにっこり笑って言いました女の子の書いたものは、お手本と全然違っていたのですが、先生は「お手本通りが正解というわけではないから、その通りにしなくてもいい。
そして、そしてどうおさめたらいいか、自分の字を書きなさい。
書いた文字の最後のひと筆は、自分で決めてみなさい。
お手本をよく見て、そこまでの文字や余白の全体を見て、美しい、ということをもっと自分で知って、と言ったそうです。
自信を持って書きなさい」