先生を眺めています。

練習してみてはいかがでしょうか。

そうか、自分でなんとかで親としては、実際にその力があるか、ないかではなく、そう思うことが大切なのです。
子どもだから無力子どもだからできないという前提をとっぱらって、いや、必ず答えを見つけられるはずだいや、必ずひとりでできる力はあるはずだと信じることから本当のコミュニケーションがはじまります。
結果として、勝手な前提など無用だということがわかるでしょう。
子どもは、そのままで十分、素晴らしいのですむしろ親が子どもに教わることのほうが多いのではないでしょうか。
辛抱を覚えさせたいときかな何か欲求を叶えてほしいとき、泣いたり騒いだり、子どもはいろいろな手を使って訴えてきます。

子どもが算数のテストで百点をとってきたとします。先生がそのとき語った言葉が忘れられないしんぼう「辛抱させて泣かれるより、とりあえず叶えておいて、自分の予定通りに進みたい」
忙しい親の多くは、ついそう思ってしまうことでしょう。
しかし、子どもに辛抱を覚えさせるためには、まず親が辛抱することからはじめなければいけないのです。
xこんなこと言ってませんか?
NGダイアログ子
買って!買ってし親ダメ!ダメ!ダメ!

なんでよ!
うるさいなあ、ダメなものはダメ!
こんなこと言ってませんか?
買って!買って!フラストレーションを爆発させたようにダメよー
ねえ、今度だけでいいからさ!

 

母親よりもこどもの方がしっかりしている

買って!買って!店内でさらに大騒ぎ恥ずかしいなあ本当に今度だけよ結局いつも許しているNGダイアログxこんなこと言ってませんか?
NGダイアログx子親子
お母さん、サッカーボール買って!

あなた運動苦手でしょ、お兄ちゃんみたいにできるの?
「……どうせ僕なんかお兄ちゃんと違ってヘタクソだし、いいよもう......。
グスン」
これでは、親がただ楽な方法を選んでいるとしか思えません。学習にも忍耐こんな会話を続けていると、親の気を引きたい子どもは、怒りを見せれば人は言うことを聞いてくれるという怒り型パターンと、なんだ、いじけてみせりゃいいんだという落ち込み型パターンを学習してしまいます。そのクセは大人になっても抜けず、大変苦労することになってしまいます。
社会人でも、すが、それは、気に入らないことがあるといじけてみせたり、急に無口になってみせたりする人がいまみんな過去にそういう行動に出ると言うことを聞いてもらえた経験があるからなのです。
0こんなふうに言ってみましょう!
子親買って!買って!

    1. 子どもだけの集団生活という
    1. 両親も自分
    1. 子どもに向ける気になります。

母さんはひまわりだ

フラストレーションを爆発させたようにそういうやり方では絶対に買いません。他のやり方を考えてごらん
0こんなふうに言ってみましょう!

お母さん、サッカーボール買って!

サッカーボールが欲しいの?
どうして欲しいと思ったの?
「……どうせ僕なんかお兄ちゃんと違ってヘタクソだし、子いいよもう」

そんなこと言ってないでしょ。
いじけたら買ってもらえると思うの?
だって
子親
まず、キチンと欲しい理由を言いなさい。
体験の繰り返しがこだわりになります。

教育のあり方

それから、買うためにはどうしたらいいのか一緒に考えよう子うん
0こんなふうに言ってみましょう!
買って!
買って!

フラストレーションを爆発させたように

どうして買わなきゃいけないの?
ねえ!今度だけでいいからさ!買って!買って!店内でさらに大騒ぎ
ねえ、そんな言い方で、買ってもらえると思うの?
思わないけど……
親「そうね。じゃあ、お母さんを買う気にさせるにはどうすればいいと思う?」


先生がそのとき語った言葉が忘れられない 先生がそのとき語った言葉が忘れられない 子どもはある時期