子どもの心へ雄弁に話しかけるのですそして

子どもの心に何を残してやれるかが問題である。

ニンジンを食べたらすごくほめられたとか、理学的なの条件づけが大切なのです。
お母さんがすごくうれしそうな顔をしてくれたなど、心ただし、対しても、食べたら何かを買ってあげるというような金銭的·物質的な取引きは、条件を提示するようになってしまいます。
絶対禁物です。
何に
ケンカをしたときいまの子どもは、人と衝突することを非常に恐れているといわれます他人に絶対踏み込ませず、自分も相手に踏み込もうとしないから、昔なら軽いケンカで済みそうな些細なことも、陰口を言って仲間はずれにしたりと、陰湿ないじめに発展してしまうのです。
両親はすぐに手を貸してしまうでしょう。

伸ばすことが本当に大切なことだからです。


子供は九時に寝るという決まりでしょ

>母さんやお父さたとえばまた、誰かがなんとかしてくれる症候群
親もそうなることを恐れ、すぐに割って入って手前でブロックしようとする……。
といわれるような、これでは他人への依存心の強い子どもになってしまいま早いうちから、自分で解決しようとがんばることのできる力をつけていくことが必要です。
こんなこと言ってませんか?
NGダイアログx子親子親子親
00ちゃんなんて嫌い!だって、むこうのほうが悪いんだよ!
言いわけしないのー00ちゃんがそんなことをするわけないでしょ

だって本当なんだもん!

あなたが先にワガママなこと言ったんじゃないの?

も、いよーし
なんですか!親にむかってその態度は!


学校で叱られてきた時逆

母親の心のもち方を変える方がさきであろう。

子どものスイッチを入れたい子どもの言い分を何も聞かずに叱ることは、なんでケンカするの!
ケンカするな!

言いわけしない!
早く事を収めたいという単なる親の都合でしかありません。
子どもにしてみれば自分の言い分を聞いてくれない
という怒りを蓄積させる最悪の例です。
子どもが、自分の気持ちをわかってもらえないでストレスを溜めていくと、いつか爆発して暴力へと発展しかねません。
0こんなふうに言ってみましょう!
子親子
00ちゃんなんて嫌い!

どうしてそんなふうになったのかなあ?
「だって……、だって、むこうのほうが悪いんだよ!
ちゃんと教えて」
子どもはある時期

勉強できないのは当たり前のことです。ちょっと貸してって持っていったまま、私のお気に入りの本を返してくれないんだ
そうなんだ。
あなたはちゃんと親子親子親返してって言ったの?
なんか言いにくくて、ちゃんとは……

そうね、返してどうしたい?
って言ってみるよ

それはいいわね。。。ちゃんは、まだ借りてていいと思っているのかもしれないよ。


成長にはとても重要です。

それでも返してくれなければ、どうしてなのか理由を聞いてみたら?
わかった、行ってくる
子どもが、ケンカをした他人の悪口を言ってきたら、まずその思いを受け止めたあと、にも、いいところも悪いところもある、ということを教えることが大切です。
自分にも他人しかし子どもは日頃、やってられないわよく、あの人ったら……と、陰口を言っているのをしっかり聞いています。
親が隣人や親戚などの悪いところだけを指摘したり、それでは説得力ゼロです。
親も、これを機に我が身を振り返ることが必要ですここがポイント!
ぶつかってみてはじめて学べることもあると教えましょう何をおいても、共感をしながら子どもの言い分を聞くことです。
自分でチャレンジをする努力をさせましょう。
母親は混乱した。

教育ママではないことを強調しまし六しかし問題

子ども自身に問題がある場合その上で、親がヒントを与えながらもちろん、暴力は問題外ですが、アンカー悪·即やめさせなければいけない
という考え方はまず除きましょう。
子ども同士でぶつかってみてはじめて学べることもあるのです大切なことは、いま結果として自分が困っているということを子ども自身に認識させることです。
それは、自分には解決できる力があることを学ぶチャンスなのです。
その困っていることの原因と解決法について、想像力を発揮して考えてみる-それをサポートするのが親です。アドバイスが必要なときもありますが、まず親は、いつもよりちょっとだけ立ち入るのを待ってみるなど、あえて手を出さない、手を貸さないことをがんばってみる、つまり見守る余裕が欲しいものです。
映画を一緒に見たときこの頃は、映画館に足を運ぶ機会は少なくなっても、る機会は格段に増えているでしょう。
テレビやDVDによって、子どもが映画に触れしこう映画は、子どもに想像力や感受性、考える力を与えてくれます。