子どもはある時期

伸ばしてあげる

ふる子うん!
ちゃんと書いとかなきゃね

なんで気がついたのかなぁ?
まず最初によく気がついたわね!
てあげましょう。
と、発見をしたこと自体をほめ次に、いま知りたい!という疑問に、親がわかりやすく説明することは大切ですが、ときにはどうしてかなあ?どうしてだと思う?と問いかけてみましょう。このように、自分で考えるクセをつけるための大切なキーワードを使うことはとても効果的です。親が知っているからと、なんでもすぐ解説してしまうだけでは、好奇心は膨らみません。
ここがポイント!
小さな発見が子どもの宝物になるようにサポートをしましょう子どもの発見を潰さないでください。
母親まかせになっているケースが多いのが現実です。

母親の顔しか見ていない。


先生が悪かったわ。

>両親がうなずき合って大人にはたいしたことに思えなくても、子どもにとっては、世界観が変わるほどの大発見ということだってあるのです何で調べようか?
その後さらに誰に聞けばわかるかな?

何を見たらわかるかな?
とたたみかけるように問い返してみてください。
はぐくそれが、子どもの考える力を育み、考える習慣を体に染み込ませることになるのです。

思いやりを育てる

聞く技術
相手が喜ぶと自分もうれしくなる不思議うれしい
楽しい
美味しい
くやしい
好き
嫌い
感動......。


母親による幼児のとば

保育園へのでかける準備はできる限

子供の非行がひどくなって日本人はもともとこういった意思表示や感情表現があまり上手ではないといわれています。
そして近年は、大人にも子どもにも、意思表示をしない上にわかってほしい願望ばかりが強い人が増えているようです。
自分から、これが欲しいとかあれがしたいとか、まったく意思表示できていないのに、人が自分の欲求を満たす行為をしてくれないと、私はこうしてほしいのに!なんでわかってくれないの?と、途端に怒るのです。
これでは、相手の立場に立って考えることなど到底できるはずがありません。
思いやりを持った行動とは、本来、心の底から自然に湧き出てくるものです。
相手が何カをしてくれたら自分はうれしく思えるから、同じように自分も何かしてあげたい。
わそうすると相手は喜んでくれて、そしてまた自分もうれしくなれるんだと、不思議なよい循環が生まれてきます。
そういうものの考え方ができるような子どもに育ってほしいと思ったら、その姿をきちんと子どもに見せていきましょう。
学習させる

勉強に最高の価値を置いてそれ以外まずは親が自ら実践して、
あ分け合うとき大きなバースデーケーキを、クのにはないなど、兄弟姉妹やお友だちと食べるとき、
00ちゃんのにはこれがあって、ボ大きさや形が違うことについて、必ず不平を言い出す子どもがいますしか親はもう、ちゃんと分けたんだからわがまま言うんじゃない
理な理屈で子どもを丸め込んでしまいがちです。たとえば……。
など、頭ごなしに叱って、無理矢こんなこと言ってませんか?
長男
あ,ボクのイチゴ、そっちより小さいよーし母親あなたはお兄ちゃんなんだから我慢しなさい!
次男中、ボクのケーキ、お兄ちゃんのよりちっちゃいよ
母親
もう、男の子でしょ、細かいこと言わないの!


教育は人間の品質管理までやってしまった。

長男·次男
やだよ母親じゃあ、文句を言う人は食べなくてよろしい!
NGダイアログxがまん自分がなりたくてそうなったわけではないのに、
お兄ちゃんだから我慢しなさい!
は、非常に理不尽な理由で、子どもにとってはとうてい納得できるものではありません。
まるで、親が決めたやり方だけが正解のように、
そうやって分けるものだ、それが正義だ、そんなに欲張ると地獄に落ちる!
ちょうばっというような、懲罰的な意味合いの言い方をしてしまうと、なくなってしまい、とても残酷です子どもはますます自分の意思表示ができこんなふうに言ってみましょう!
子どもがそれを喜ぶなら大人も共に喜ぶ。

母さんにもはっきりとは分からないけれど。

子どもとの比較というのがなくて母親長男母親

さあ、このケーキはいくつに分ければいいのかな?
みんなで六人だから六つ!
「そうだね、半分に切って、それをまた三つに分けるんだね。
みんな、どう分けようか?
チョコ、イチゴ、生クリーム、どれをとりたい?
みんなで分け方を考えてみて」
全員
イチゴの人、手挙げて!
ハSイ!
じゃあ、A子ちゃんがここで、これでいいかな母親はい、よくできました。
じゃあ、召し上がれ!

相手が喜ぶから分けるんだ
ということを、教えていかなければなりません。
自分の欲求ばかり主張する子には、をしてみましょう。
あなたが00の立場だったらどう思う?