学習させる

子どもを見ることしかできなかった。

一冊の本の中で、一カ所でも面白いと思えたのならば、それでよしとしましょう。
本は本棚に入れておけば、時期がくればまた読みたくなるかもしれませんから、ムダになるとは限りません。
ただし、読んだ感想を聞いてから次の本に移る習慣をつけ興味をひいた点や面白くなかった点など、次の本選びにも役立ちます。
ましょう。
ここがポイント!
まず本好きにさせること。
だから好きなものから読ませましょう特に何も考えなくても見ることができるものでテレビは聴覚と視覚に訴えて全部表してくれるから、すしかし本を読むには、並んだ活字からいろいろなことを感じとる想像力が必要で、らも学ぶ力を育てるのには最適なツールなのです。

子どもが生まれることによって凄の地位が安定学習させるそういった意味か
うまくいかないとき·失敗したとき工作やプラモデル、編み物など、子どもが何を作り上げることにとても興味を持つ時期があります。
友だちがはじめたから真似をした程度の一過性のものかもしれないし、意外に手先の器用さが発揮さまねれ、創造力を膨らませ、本当の趣味に発展していくかもしれません。
なんとかうまく作り上げようと子どもなりに一生懸命考えていずれにしても、取り組んでいるのです。
最初は失敗しながら、ところが、親がそのことに興味がなく、面白さのわからないものや、ては、ついつい余計なことを言ってしまうものです……。
逆に得意としているものに対しこんなこと言ってませんか?
NGダイアログx
何をやっているの?
親子「この間、おじいちゃんに買ってもらったプラモデルだよ!
新モデルだから難しくてうまくできないんだ」
でもさ00戦隊シリーズの最親「中ぁ、そんなに難しいなら、もっと簡単なのにすればよかったじゃない!」
こんなこと言ってませんか?

 

母親にしっかりとしがみつく

NGダイアログx
何をやっているの?
親子
今日ね、お友だちのお姉さんに編み物教えてもらったの。
あまった毛糸をくれて道具も貸してくれたから、マフラー作りたいんだけど、なんか幅が広がっ親「ほらほら、何やってるの?
ダメよそんなやり方じゃ。
やっぱり子どもね。
ほら、貸しなさい!
こうして1回ほどいて!
こうやってやるんでしょ」
子どものやる気や集中力は、好きなことに対するときに最大限発揮され、それが他のことにも応用されていくのです親が興味のないことだと冷たくしたり、また、いくらおぼつかない手先だからといって、げて勝手にやり直してしまっては、せっかく生まれたやる気を奪ってしまいます親がとり上
◎こんなふうに言ってみましょう!子供の顔を見る。

何を一生懸命にやっているの?
「この間、おじいちゃんに買ってもらったプラモデルだよ!
親子でもさ…….00戦隊シリーズの最新モデルだから難しくてうまくできないんだ」

そうか、仕上がってるじゃない!
ゆっくりやっていけばできるよ、最新モデルだから難しいんだね。
でも前に作ったのより、この細かいところはキレイにきっと!
こんなふうに言ってみましょう!

何をやっているの?

今日ね、お友だちのお姉さんに編み物教えてもらったの。

    1. 教育者ではなくて
    1. 母親あるい
    1. 子供に応じた道を親

成績が悪い。

子あまった毛糸をくれて道具も貸してくれたから、マフラー作りたいんだけど、なんか幅が広がっ親「どれどれ、どこがうまくいってないの?
幅が広がっちゃつたのね。
よく見てみよう」
親子親
あら、ホント。でもここまではきれいにできているわね。
ほどくしかないよね
「そうねえ。でも完成したらちょうどいい季節ね。
どうする?
○ちゃんにぴったり!素敵よ。がんばって」

うん!わかった。あとでもう一回見てくれる?

もちろん、いいわよ!
こここがポイント!
子どもは電車では立たせておいたほう

母さんはとてもほめてくれる。

プロセスを見て成長を認めてあげましょう子どもが少しでも失敗すると、すぐに親が勝手にやり直したりすることがありますが、それではやってもらえるなら別に自分で苦労してまでやらなくていいやと、子どものやる気や達成感、問題解決の力が、すべて奪われてしまいます。
ほらまた失敗して!よりも前よりここがよくなったよと、完成品ではなくそこまでのプロセスを見て、子どものよい点に目を向け、成長を認めてあげることが大切です。すると、もう少しがんばろうという力が湧いてくるのです。
親は、すべて指示して命令するのではなく、どうすればできるかな?


学習させる 母親は混乱した。 先生がそのとき語った言葉が忘れられない