母親まかせになっているケースが多いのが現実です。

伸ばしたほうがいいのです。

見ているときに、疑問が出ればすぐ調べ、子どもの好きなようにレイアウトできるスペースに情報をどんどん貼れるようにしていきましょう。
ここがポイント!
親が好奇心のかたまりになって、いっぱいチャンスを与えましょう親が常にいろいろなことに興味·好奇心を持っていないと、好奇心のある子は育ちません。いっぱいチャンスを与えられる親になれば、子どもは自然と自分でも探究する力を持てるようになるのです。難しく考えず、花の名前や場所など、これに似たのは何があるかな?などと、そこからもっと発想を広げられる親になりましょう。
とどそして、テレビだけに留まらず、方も覚えていきましょう。
母親は混乱した。

教育をやめろというものではなくて


勉強のできる

>子どもを溺愛しているのです一時幼いその話題をもとに博物館やプラネタリウムへ行くなど、発展のさせ
学校で学んできたことを聞くとき勉強の進み具合から、いじめられていないかまで、親は子どもの学校生活がとても気になりますができればこれは、子どもから直接聞いて情報を得たいものです。
親に聞く技術があるかどうかによって、きなのです。
その情報量に格段の差が出るのは、まさに、こういうとこんなこと言ってませんか?
NGダイアログx親子親今日はどうだった?
どうって、別に
学校で教わったこと言ってみなさい

あんた、
うるさいなあ!
「ほんと、ちゃんと授業聞いてたの?
親子親ウチの子は学校のこと何にも話さないんだから」
こういうやりとりは、最もよくあるパターンでしょう。
あまりにも大きく漠然とした親の質問ビッグ·クエスチョンばくぜんによって、子どもはどう反応していいのかわからなくなってしまうのです。これでは別にと言われてもしかたがありません。


教育の一環として考えることができます。

母さんでしたがしばらく

子供はどうするでしょうか。この悪循環から脱却するには、範囲を絞り込んだ、より具体的な質問スモール·クエスチョンにしていくことが大切です
◎こんなふうに言ってみましょう!

親子親子親子親子親子今日は社会科で何をやったの?お母さんに教えてよ
東京都のことだよ
えー、ほんとう。東京都についての何が面白かった?
東京都にも山地があるんだよ

ふん、なんていう場所?
檜原村だよ。東京のずっと西、奥多摩の近くだよ

へー、そうなんだぁ。行ってみたいね。観光はできるの?
わからないなあ
もっと知りたいね、どうしようか

インターネットで見てみようか?
小学校へ上がるとどうなるのかしらねえ

体験してからのことなんだくづくと思っている。ひのはらむら今日は00の授業でどのへんを教わったのか教えて!
と具体的に聞くことからはじめましょう。
子どもを先生だと思って聞いてあげると、とても得意げに話しだすはずです。
へー、そうなんだ!と感心して聞いてあげることを習慣化していくと、子どもは、う!と思って、よく授業を聞いてくるようになります。
また
これ話そそして、話すことで、子ども自身の復習にもなり、に次第によい循環になっていくはずです。
未知の事柄に関心を持っようになる、というようただの勉強ではなく、知識として広がっていくように導いていきたいものです。
うになったら、次は、その先を一緒に調べるところまで持っていきましょう。
話をうまく聞けるよここがポイント!
共感の感嘆
エモーションワードを使って、テンポよい会話をしましょう親は、たとえ五分でも、ひと項目についてだけでもかまわないので、を聞くことを習慣づけましょう。
毎日好奇心を持って子どもの話おおげさその際には必ず、へー、そうなんだ!
のような共感と、えー!


子どもを持つ

ほんとに!?
のような、大袈裟
なくらいに感情をいっぱい込めた感嘆エモーションワードを忘れないようにしたいものです。
なぜ?
どうして?
と聞いてきたとき子どもは、新しく見るものすべてに対してといっていいくらい、知りたがりで聞きたがり屋さんです。
何かにつけて疑問を持つというのは、親が見過ごしがちなことによく気がつくということなのです。
純真だからこその疑問や質問に、親はどんな対応をしていけばよいのでしょうか?
こんなこと言ってませんか?
NGダイアログxねえねえ、こないだはあそこの葉っぱ、もっと緑っぽかったよね
そうだっけ?

今日はなんだか黄色だったね、ねえどうして?

どうしてかしらね。そんなことより遅れるから行くわよ!
子親子親子どもの五感や観察力の鋭さには驚かされることがあります。それをつまらないことには気がつくのねぇそんなこと気にしなくていいの!
子どもの心へ雄弁に話しかけるのですそして

子育てのウエイト

高校をやめる代わと、否定してしまっては、何かを発見しても意味がないと刷り込んでしまうようなものです。
また、そんなことより00はもう済ませたの?と、話を変えてしまっては、自分の発見したことなどたいしたことないんだと思わせてしまい、せっかく芽生えた子どもの好奇心を潰してしまいかねません。
つぶ
◎こんなふうに言ってみましょう!

子親子親子親子親ねえねえ、こないだはあそこの葉っぱ、もっと緑っぽかったよね
そう、よく気がついたわね!

今日はなんだか黄色だったね、ねえどうして?
どうしてかなあ?どうしてだと思う?
寒くなったから震えちゃってるのかなあ

そうかもしれないね、本当はどうしてか、どうやったらわかるかな?

うんと、本を見ればわかるかなぁ?
「じゃあ、図書館に行ってみようか。
わかったらお父さんにも教えてあげようね」