子どもがそれを喜ぶなら大人も共に喜ぶ。

高校時代には悪ガキだったがなあと思う教え子

お互いにと聞くことどんなに忙しくても、それでもいまどうしても!と言ってきたときは、に集中してあげましょう。無視は絶対にいけません。
五分間だけでも聞くこと
ここがポイント!
r!
のあるあいづちを挟み、ありがとう
で締めくくりましょう人に改めて何かを話すときは、大人でもすごく不安になるものです。
だからこそ、「あなたが話してくれたことで私はうれしい、楽しかった.ありがとう」とポジティブメッセージをたたみかけていきましょう。
う!と思えるのです。
すると、子どもはもっとどんどんコミュニケーションしよ一生懸命聞いてあげると、子どもの目の輝きが違ってくることに気づくはずです。
七五三の写真を写真館で撮りましょう!

子ども同士遊ばせなければ

子ども部屋に入って

教育者としての資格はありません。目を見る、うなず力のこもった
を感じるあいづちを心掛けましょう。
くこれだけで、子どもの明るいエネルギーは、パーツと花開くはずです。
小さなことをたくさん認める·ほめるとき
今日は、子どもを何回ほめましたか?
そう聞かれて、親は子どもをもっと認めてほめよう
と言われると、あなたは意識的にやっているか?
あなたはすぐに答えることができるでしょうか?
当たり前で、と問われると、常識的な話だと思われるでしょう。
きゅうしかし、いざ答えに窮する人が大半なのです。
こんなこと言ってませんか?
子親NGダイアログxみが
ひとりでちゃんと歯を磨いたよ!
もう三年生だもんね。それぐらいはできなきゃね
こんなこと言ってませんか?
NGダイアログx子
ひとりでちゃんと歯を磨いたよ!
あら、そう……
心の中でこの子も大きくなったなあ
と思っている
ちくいち認める·ほめるという行為と、逐一行動をチェックするのとは違うことを認識しましょう。

父親の役割になっていました。

いじめられている子を助けるため
歯磨きにしても、磨いた行為そのものではなく磨き方がうまくなったという、小さな達成に対してのリアクションこそが、認める·ほめるなのです。
また、心の中だけで認めているパターンも意味がありません。
まったく伝わらないのです。
言葉にして表現しないと、子どもには
◎こんなふうに言ってみましょう!

子「ひとりでちゃんと歯を磨いたよ!
親見てたよーすっごくお兄ちゃんになったなって思ったよ。
どれどれ?
あれ、磨き方がうまくなったんじゃない?
キレイに磨けてるね」
ほめられてイヤな気がする人はいないでしょう。
だからこそ、子どもにもちゃんと伝わるほめ方をしてほしいのです。
子どもに毎月決まった額のおこづかいをあげ

子どもは保育器に収容

子供を立派な人間
また、結果成果が出たからほめるのではなく、そのプロセスの小さな行動をほめることが大切です。
まず、おっくうがらずに、やったことを認めてあげるなど、宿題やったんだね
小さなことからはじめてみてください。
おおげさ大袈裟にほめなくても、などの認めるひとことで、子どもは見てくれている
という安心感を得て、想いは十分に伝わるのですここがポイント!
意識的に認めてほめることを、日課にしていきましょういままでまったくやっていなかった人や、意識していなかった人は、まず意識化することが大切です。
無理矢理でも、ノルマにしてもいいから意識してほめることをはじめると、一生懸命に子どもを見ようとしている自分に気がつくはずです。

子ども以外の何かにも存在

子どもの心を温めてあげなければならないのです。
それが重要なのです子どもは、ほめられて、あー、見ててくれたんだー
と実感することで、自信と明るさが蓄積されもっと様々なことに対して意欲的になれるのです。
一日何回子どもをほめているかチェックしよう!リスト
を作ろう!
一日が無理なら三日に一回でもいいので、自分にできそうな回数だけノルマを課してみましょう。
ゲーム感覚で、右ポケットに十個のコインを入れ、ひとつ達成したらひとつコインを左ポケットへ移してみましょう。
回数を忘れちゃいそう!
という人に、特に有効な方法です。
1日何回子どもをほめているかチェックしよう!
先生を眺めています。

子どもの自己実現の権利を守る義務が親にはある。

リスト】*シチュエーションごとに、ほめたかどうかを確認してみよう朝起きたとき
挨拶、早起き食事のとき
好き嫌い、態度、眠る前あと片づけ、歯磨き学校¥勉強のこと趣味¥遊びのこと友だちのこと家族間のこと生活態度について人への接し方についてその他他手伝い他-他
3
6
8
10
子どものままがいいと言ったとき子どもはある時期、大人になんてなりたくない!という態度をとることがあります。それは、不景気な世の中のせいでも、政治家の汚職やスキャンダル、無差別な殺人事件など、気の滅入るような情報がテレビから流されるからでもありません。
すいちばんの原因は、子どもに刷り込まれた親のネガティブ·メッセージにあります。
ほら、今日もこんなことを言いませんでしたか?
こんなこと言ってませんか?
NGダイアログx子ボク、ずっと子どものままがいいな、大人になんてなりたくないよ
「誰のおかげで食べられると思ってんの、あー、今月も家計は大変だわ」
まあね。