先生お気を悪くしないでね。

母子密着型

子どもと離れてはつらつと働く時間を持つ針を刺して潰してしまわないように、かいま夢の話は、子どもの深層心理に隠された、様々な思いを垣間見せてくれるはずです。
現実にはまだまだずっと先の話なので、親として、心の中でいろいろ思っていたとしても、ここで否定的な答えを出さないようにしましょう。
ここがポイント!
子どもの思いを聞けるチャンスを逃さないようにしましょう子どもの夢を気持ちよく語らせてみることが大切です。
ただよ夢の世界にたっぷりと漂ったあとなら、何かやってみようか?と聞くことで、現実の習い事の話につなげていくこともできるのです。

子どもを野放図

話のきっかけがつかめない人は、かめちーソ’sのように、雑誌を見て好きなタレントやアーティストの話から導入するのも一案です。
それでも具体案が出てこない場合は、大人になったら、どうしていると思う?という聞き方も有効です。
「どこに住んでる?どんなもの食べてる?どんな服着てる?どんな景色が見える?」など、なつていたい自分を想像させてみましょう。
センスを磨かせたいときいくらお金をかけても、そう簡単に手に入らないもののひとつがセンスです。
こればかりは、日々見るもの触れるものの積み重ねによって磨かれていくものですが、子どもの頃からでも、気軽にできるセンスの磨き方はいろいろあります。
いちばん効果的なのは、センスのいい素敵な人と身近に接し、話を聞くことでしょう。育てますよりよい生き方ができるため

父親がどこかに連れて行ってあげようと提案して

母さんに対するしかし、親がいつもパンツ一枚で、ゴロ寝&ナイター観戦という姿ばかり見せていては、子どものセンスアップは、ちょっと至難の道のりかもしれません……。
こんなこと言ってませんか?
ひとつ買ってあげるから、好きな洋服選んでごらん

ほんと!K-と、これがいい!

ん?ちょっとお、これはさすがにあんまり似合わないんじゃない?
うん、じゃあこれ

子どもの感覚の素直

母がよく叱られたそうです。
「これはいくらなんでも安物っぽいわ、こっちにしなさい、これがいいわよ」
もう、いらない!
NGダイアログx好きに選んでごらん
と言いながら、実は親が子どもの意見を否定している例です。
これでは、子どもは自分のセンスを否定されたと感じ、ずっとそれをコンプレックスとして抱えることになってしまいます。
天そんな聞き方したかしら?と、自覚していない親も多いので気をつけましょう。押しつけではなく、導いていくのが親の役割です。
はや親のダメ
という論理は、
みんなが使っているから、流行っているから、高いから、安物だから……。
単なる世間的価値基準を言っているだけのことも多いのです。
また男女の性別で、
らしい色と、勝手に決めて押しつけないようにしましょう。
学習の進み具合はどうか最近どんなことをしたかつ

子どもにそうした語り方は逆効果だ。

0こんなふうに言ってみましょう!

この中でどれがいちばん好き?
親子え、とこれかな
親子親
これのどこが好きかな?

私の好きな色だし、
そうか、スカーフもかわいいと思うじゃあ、子「え..こういう色が好きなんだね。
お母さんが、こういうのが似合うの?
あなたに似合うと思うのはねえ……、これかな」
「意外にねぇ、お母さんも前にそう言われたの。
れるのもイイじゃない?
だから人の意見っていうのもけっこう当たってたりするんだよ」
親本人が好きなのと似合うのは違うんだって。

子どもの心に染み込むと心得ましょう親

母さんにとっては目の前
洋服って着心地も大事だけど、人に見られてきれいだなって思わそうなんだ
じゃあ、お店の人にも見てもらおうか
子親ママの好きなものも見てと、親の見ているファッションや芸術の雑誌や本を一緒に見ながら、ろな見方があることを教えてあげましょう。
いろいそして、思ったことや感じたことをどんどん言わせてみることが大切です詩人·金子みすゞは、《わたしと小鳥とすずと》の中で、見た目は違っても、それぞれの個性はみなそれぞれに素敵なもの、みんなちがって、みんないい
から培われるものと教えていきましょう。


母さんに対する 学校において適応しなければ 学校において適応しなければ