子どもにはそんな思いをさせたくない

幼稚園だと評判のあったところです。

子どもの意志に任せすぎも問題

お母さん、バレエ教室、もうやめたい……

そうなの。
親子やめたいと思ってるのね。
何かあったの?
だって……

うん、どうしたの?お友だちとうまくいかないの?
レッスンが大変?ママに教えてくれる?
親子……だんだん難しくなってきて、ついていけそうにないんだもん
親「そうなんだ。
難しくなってきたのね。
でもね、この間、先生がすごくほめてたよ。
休まずにレッスンしているから、上達できてるって」
ほんと?

そうよ、どうする?
うん、そうだなあ、先生にも相談してみようかな
そうだね。それはいいね。話してくれてありがとうね
子どもが話しはじめたら、まず、その感情を受け止めることが大切ですまた、受け止めるのも返すのも難しい、大きい質問ビッグ·クエスチョンではなく、具体的な例を提示しながら、同じ目線で話を聞いていきましょう。

子どもがやりたいというものです

決して、否定的な態度で威圧せず、優しい表情でゆっくりした口調を保ちながら、理由を聞き出してみることです。大きくうなずいて聞いているだけでも、子どもは安心感を覚えて本音を話そうとするものです。
聞けば聞くほど、解決の糸口が見えてくるはずです。
ここがポイント!
子どもが歩いていく方向をしっかり見ていましょう親は、根気を育てるためにと、なんでも継続することがベスト
と考えがちです
たづなゆる子どもが歩いていきたがっている方向をしかし、大人と同じ対処ではなく、見きわめることも大切なのです。
もう少し手綱を緩めて、決してムダにはやめる権利を少しだけ与えてみたり、ならないはずです。両親や友達と触れたり触れられたりして育つ

両親を大切

子供の側に立っているのか。思いきって他のことに挑戦させてみることも、
将来の夢を聞きたいときランドセルを購入した親子を対象とした子どもの将来の職業についてのアンケートで、新一年生の子どもたちに大人になったら、何になりたいか?と聞いたところ、ここ数年の男子の回答でいちばん多いのは、スポーツ選手なのだそうです。
日本人のメジャーリーガーが続々と誕生していることや、ヨーロッパのプロリーグで活躍する日本人サッカー選手のニュースが、子どもたちに大きな夢や憧れを抱かせているのでしょう。

子どもを導き支え

子どもをひとり立ちさせる決め手になる。
あこがそう、子どもにとって
将来なりたいものとは、夢·憧れなのです。
しかし一方で、親に聞いた子どもになってほしい職業のトップは、こちらも三年連続で公務子どもの将来の話になると、員という結果です。
しょうか?
このように、親は現実を直視させようとするのでこんなこと言ってませんか?NGダイアログ親
ねえ、将来の夢ってなあに?
え?何?わかんない……

だから、何になりたいの?
うん、お洋服の仕事かなあ

え?まさかデザイナーとか?あなたミシン使えたっけ?
ちょっと絵が描けるだけじゃダメなのよ、わかってる?
将来の夢は?
子どもの頃の父をひと言で言えば

子育てをしていた現在八十代の女性


と聞くのがビッグ·クエス子どもが答えに詰まった原因のひとつには、チョンだったからです。
いきなりたとえば、何になりたいの?ではなく
やってみたいことって、えるだけでも、会話は一気に開けてくるのです。
どんなのがある?
と聞き方を変また、単に憧れでアナウンサーやタレントになりたいという子を、そんなことできるわけないじゃないと嘲笑したり、夢を持てなくなるような00みたいな仕事は不況で大変よ!やめなさいという言い方にも気をつけましょう。
ちょうしよう
◎こんなふうに言ってみましょう!

雑誌を見ながら親子親あなたの憧れている人って誰だっけ?
00かな!

K-?
やっば、
そうか、彼女は若いコのファッションリーダーだもんね。
やっぱり彼女みたいな歌手になりたいのかなぁ?
「う子親歌手じゃなくてもいいけど。00は自分で洋服作ったりもしてるから」
ファッションデザイナーとかね。
ん、「あs、いいじゃない!

しつけとい

しつけしかしていないことこそ問題です。
絵描くのも好きだもんね。
前からそう思ってたの?
でも洋服の仕事っていいなぁって」

そういうわけじゃない。
「そうか!
デザインする人や縫う人もいれば、売る人も必要だし。
いろいろあるんだよ、洋服がなければ作れないわけだからね」
親この雑誌だって、
そっか-、じゃ今度、子洋服の仕事っていってもいろいろあるんだよね
親もっとどんなものがあるか、一緒に探してみようか
話しながら膨らんでいく子どものポジティブなエネルギーを、夢を抱かせてあげることに徹してください。


子供の側に立っているのか。 教育がないと言って嘆いた。 成長させているかも知れません。