子供の側に立っているのか。

母さんの赤ちゃんのもとが一緒になって

育てよう自発が大切と思いついそれはつそのために、いま書いている字をよく見るんだ
という気づきが、女の子の中に起こったのです。
しかし、もし次のような状況だったらどうでしょうか?
女の子が家に帰って、その日習った文字の復習をはじめます。
こんなこと言ってませんか?NGダイアログ親今日は習字の時間に何を書いたの?大きな海
って難しいよね、でも先生がね、お手本は……

ほらほら、ひらがなと漢字の大きさのバランスが悪いんじゃないの?
親「ここが違うでしょ?
このハネも弱いわね。
まねもっとお手本を見て、しっかり真似して書きなさい!」
女の子が混乱するのはいうまでもありません。

教育の現場とは違いそれなりに毎日が新しい

ここが違うでしょ、ここをこうしないといけないでしょ
それをやると、子どもの心には、正解はひとつしかないこれをやらなきゃいけないこれ以外はダメこれができない自分はダメなんだというマイナスの論理に少しずつとらわれていってしまうのです。
子どもの話も聞かずに、親の基準ですべてを抑えてしまうと、子どもの中にせっかく芽吹いた独創性や自分なりの感性は、磨くことも活かすこともできなくなってしまいます。
みが
◎こんなふうに言ってみましょう!

今日は習字の時間に何を書いたの?大きな海
って難しいよね、でも先生がね、お手本は……
親子今日のおけいこの文字も、元気な感じが出ていていいね。
どんなところが最後まで聞いてから大変だった?
やっぱり最後のはらいかな
「そう。子どもが親に何かおねだりしたとき

子どものいわば白状や告白だけをあてにして

子供を授かりました。字はね、その人の性格が出るっていわれるんだよお手本の文字はもちろんきれいだけど、子親00ちゃんのは元気があって、見ていて楽しくなるよ」
こちょう多少誇張する部分があっても、ポジティブな言葉で認めることが大切ですじっくり見て、
どんなところを工夫した?大変だった?気持ちよかった?
など感想を聞きながら、よくできたところはそこをリピートして、どこが素晴らしいのか、その理由を言ってあげましょ
このように、お手本と違うときこそ、ができるのです。

母親自身の心のうちにあります

子どもの活字離れを憂えています。
聞く技術
によって子どもの感性を認め、独創性を伸ばすことここがポイント!
沈黙のスキル
を大切に、子どもにも考える時間を与えましょうまず、お手本とは違う点を、子ども自身に振り返らせます。
そのあとに、では、どうすればいいかな?と、大人がヒントを与えます。
そこで、子どもに考える時間を与えるのです。これを沈黙のスキルと呼びます。
ゃつばや矢継ぎ早に質問をして、すぐに正解を引き出そうとするのではなく、ときには遠回りさせることも大切なのです。
母親は口を酸っぱくして

高校に入るまで知らなかったようだ。

静かな時間を持たせることで、子どもも、もう一度自分を振り返って考えることができるのです。
親の考えることが、すべて正しいわけではありません。
答えもみんな同じではないのです。
子どもの考える子どもなりの正解があってもよいのです
習い事をやめたいとき昔、自分が習いたかったから近所のお子さんも習っているから……など、き、親の勝手で決めたりしていませんか?
子どもの習い事を選ぶとそうだとすると、こんなシーンに遭遇することになるかもしれません。
こんなこと言ってませんか?
子親NGダイアログxお母さん、バレエ教室、もうやめたい……
え?どうして?理由を言いなさい!
親子親
黙ってちゃわかんないわよ!

教育は忍耐

いじめてるんだって?
どうして何をやっても続かないの?
だって……
「お母さんなんて、昔、習いたかったのに習わせてもらえなかったのよ。
それを考えれば、あなたは幸せよ!
習っていいって言われているんだから。
ここまでお金もかかっているんだからね、もったいないじゃない」
子どもはかなりの決意をして、親に告白しているはずですそれを、いきなり怒り口調で問いただすのは、得策ではありません。
理由も聞かないまま説得にかかっても、根本的な解決にはなりません。場合によっては、本当に今後何をやっても続かない子になりますワタシはどうせダメなんだ
と自信を失いデリカシーのない親に、無駄金を使っているように言われてしまった子どもは、もうワタシなんて価値のない子なんだと思いつめるぐらい、大きなダメージを受けてしまうこともあると、肝に銘じましようきもめい
◎こんなふうに言ってみましょう!


子供を授かりました。 子供を授かりました。 教育がないと言って嘆いた。