父親に対する強い不信感を植えつけるだけです。

大学入学を請け合いますとまで言わ

学校を訴えたかときく。って聞いて、それから、そーっと触らせてもらいなそれから、家に帰ったらちゃんと手を洗うこと。
いいわね」
子親はい!わS、気持ちいー
じゃあ、お母さんも触らせてもらおうかなぁ
すこここがポイント!全身で感じることが、子どもの健やかな心を育てると心得ましょうこれって音でいうとどんな音?ドの音?ファの音?のように、触ったり、聴いたりして感じたものを、他の言葉に置き換えて表現させることは、子どもの想像力を刺激し、独創力を伸ばしていくのによい方法です。
しぼまた、親のそっけないリアクションや冷めた反応は、子どものエネルギーを萎ませてしまいます。

母さん方の集まりでほめることの方が多いです

子どもと歩いているときには、せっかく一緒にいるのですからら、石を拾って手触りを確かめたり、葉っばを触ってつるつる·ざらざら感を感じたり、感動を一緒に味わってみてください。

お母さんの姿は子供の目にうつる

子供の幸せを祈る姿は尊い道徳ということが忘れられた現代現代は迷いの時代です。現在、子育ての最中のお父さん、年代生まれの方が多いことと思いますお母さんたちは昭和二十年代後半から三十戦後の日本を振り返ってみると、昭和二十年代は戦争が終わって、それまでの軍国主義から民主主義へと体制が一八0度変わり、教育に携わる先生方も、どう教育していいのかを迷っていた時代です。そしてさらに、三十年代に入ると、日本は急速に戦後の混乱から回復していき、三十九年には東京オリンピックを開催するまでに、安定してきます。四十年代は日本経済がさらに大きくなって、物が豊富になっていった時代です。
二十年代前後に生まれたお父さん、る時代に教育を受けてきました。教育ママということばがある。

子どもをまず初めに親が見本を見せます。

先生は障害児が入級してきてお母さんたちは、日本が経済的にも安定して物が豊富になってく戦前から戦争中の教育を受けてきたその親の世代から比べると、教育のあり方もまったく変わってしまいました。もちろん、それまでの教育の悪い面も改められたのですが、同時に道徳とかしつけもまったくひっくり返ってしまいましたしかし、道徳とかしつけのあり方は、永遠に変わるものではありません。たとえば嘘をついてはいけませんということは、昔も今も変わらないことです。ところが、すべての価値観がひっくり返った結果、しつけのあり方が混乱してしまったのです。

子どものよい発育を望む場合

先生のところはお子さんにめぐまれているんです
それだけに、今のお父さんやお母さんたちは、一体何をよりどころにして、ていけばいいのかがわからなくなってしまったのです。
子供をしつけたり教育し今は、科学技術が非常に発達して、便利な世の中になりました。しかし、どんなに科学技術が発達しても、文明が進歩しても、ものごとの善悪、人間の道徳というのは、普遍的なものです。時代が変わっても変わらないし、民族、国家が違っても通じるものです。
人の心を傷つけたり人がいやがることをすることは、アメリカでもいけないことだし、日本でもいけないことです。また、正直であること、人に優しくあること、努力して頑張ることは、どこの国でもいいことです。
このように道徳とは、いつの時代、どこの地域であっても、普遍的に通じることです。
道徳を守っていこうという決心を、お父さん、お母さんは持ってほしいのです。
母親はだらだらっとして無能

母親たちで昼食を取っていたときのことです。

この普遍的なお母さんが、何がいいことで何が悪いことかということをきちんとわきまえて、子供に接していないと、子供の心も不安定になります。子供がいいことをすれば、お母さんがほめてくれる、悪いことをすればきちんと叱るという日ごろの姿勢が大切なのです。
お母さんの心が安定していないと、子供も不安になるものです。もちろん、心の安らぎ、魂の安らぎというのは、大人も求めているものですが、子供がもっとも求めているのも、この心の安定なのです子供にとって、同じことをしても、昨日はお母さんが怒ったけれど、きょうは怒らないということでは、子供の心が動揺してしまいます。

大学を卒業後広告代理店に就職して

学校へ行かなく
お母さんは自分の感情のままにほめたり叱ったりしてはいけません。善悪の価値観をきちんと持って、子供をほめ、叱ってほしいものです。
その価値観とは、子供が偉くなってほしいとか、としての普遍的な価値観である道徳です。
出世してほしいといったことではありません。
人間偉くならなくてもいい、お金もなくてもいい、肩書などなくてもいいのです。親子そろって安らかな心で日々の生活を送れたらどんなにいいことでしょうか。心の安らぎのある生活を送ることが人間にとって一番大切なことなのではないでしょうか。


先生は障害児が入級してきて 子どもにはそんな思いをさせたくない 父親に対する強い不信感を植えつけるだけです。